メタボリックシンドローム「情報」

「診断基準・方法」

メタボリックシンドロームの診断基準と診断方法について説明しています。

自分は今、メタボリックシンドロームなのか?
または、その予備軍になってしまっていないか?気になるころです。

現在、発表されている診断基準だと、自分が今、どんな状態なのか見てみましょう。

「IDF(世界糖尿病連盟)基準(2005年) 」

  • 腹囲
  • HDLc
  • 血圧
  • 中性脂肪
  • 血糖
  • 男性 90cm以上・女性80cm以上であったうえで
  • 男性40mg/dL・女性50mg/dL未満
  • 130/85mmHg以上
  • 150mg/dL以上
  • 100mg/dL以上

うち2項目以上該当している。

「JASSO(日本肥満学会)基準(2005年)」

  • 腹囲
  • 血圧
  • 中性脂肪
  • 血糖
  • 男性85cm以上・女性90cm以上であったうえで
  • 150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満
  • 150mg/dL以上
  • 110mg/dL以上

うち2項目以上該当している。

このような診断基準が発表されています。

「検査方法」

腹囲に関しては、メジャーさえあれば誰でも計ることができます。

血圧、HDLc、中性脂肪、血糖は病院にいけば検査できます。
検査機器があれば自宅でも、血液検査を行うことができます。

血液検査は、病院で検査するか、今では自宅で、簡単にできる検査キットもあるのでこれを使ってみるのもいいでしょう。

自宅でできる検査キット

デメカル血液検査キット

KENSA.BIZの郵送検査キット

糖尿病郵送検診キット 肥満、運動不足が気になる方へ!

「肥満=メタボリック?」

肥満=メタボリックシンドロームというわけではありません。

上の表からもわかるように、肥満とその他の症状が、併発した状態が問題になってきます。

肥満でも特に注意するべきなのは、リンゴ型肥満で、洋ナシ型肥満は、メタボリックシンドロームの観点から見たときは、それほど気にする必要はないでしょう。

さらにいうなら、腹囲についてですが、体格も違えば身長も個人差があるものです。

個人的な見解ですが、腹囲より内臓脂肪の量に気をつけるべきだと思います。

MENU

NEWS

2008年より特定健康診断

通称「メタボ検診」が開始しました。

診断内容は全部で4項目あり腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値になります。

気になる人はこの機会にメタボリックシンドローム対策をしましょう。

INFORMATION