メタボリックシンドローム「情報」

「詳細情報」

メタボリックシンドロームって、なに?

どんな状態がメタボリックシンドロームなの?

治療方法は?

メタボリックシンドロームについて説明してます。

「メタボリックシンドロームって?」

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態のことをいいます。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるこれらの症状が重積すると相乗的に、動脈硬化性疾患の発生頻度が高まる為、リスク重積状態はハイリスク群として
予防・治療の対象と考えられてきました。

このようなリスク集積状態は、偶然に起きたとする考え方と、何らかの共通基盤(内臓脂肪の蓄積・インスリン抵抗性・遺伝的背景など)に基づくという考え方があり、近年では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として有力視されている。

「どんな状態が要注意」

内臓脂肪蓄積型肥満=男性型肥満ともいわれている。上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられている。

しかし、日本人中年男性の半数がこの「症候群」またはその予備群に該当する為、疾患として扱うのが妥当であるかどうかはいまだ議論されている。

ただし、この疾患の概念や診断基準については、日本国内でも、あるいは国ごとに大きく異なる部分があり、症候群として捉える 事自体に異議を唱える学者グループや学会も複数存在しているのが実情である。

「治療方法は」

基本的に、自覚症状がなく実感がないのが生活習慣病の特徴で、その治療は
「自覚症状の緩和」ではなく、生活習慣の改善、合併症予防に目標がおかれる。

脂肪蓄積の進行防止・解消を目的に、食事療法による摂取カロリーの適正化と、
脂肪燃焼を促す目的での運動療法が基本となる。

これらの食事・運動といった生活習慣の改善でも解消されない危険因
(耐糖能異常、脂質代謝異常、高血圧など)に対しては薬物療法を並行して実施する場合もある。

また、喫煙は個別の動脈硬化の危険因子であるため、禁煙努力も並行して行うべきである。

MENU

NEWS

2008年より特定健康診断

通称「メタボ検診」が開始しました。

診断内容は全部で4項目あり腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値になります。

気になる人はこの機会にメタボリックシンドローム対策をしましょう。

INFORMATION