メタボリックシンドローム「情報」

「メタボリックの危険」

このページは、メタボリックシンドロームの危険性と、関連のある生活習慣病について書いてあります。

メタボリックシンドロームは、生活習慣病と関連して人体にとってさまざまな悪影響を及ぼします。

では、実際にどのような、病気と関連があるのでしょうか?

「生活習慣病とメタボリックシンドローム」

メタボリックシンドロームと関連性のある症状、病気は、以下のようなものがあげられます。

  • ■糖尿病
  • ■脳卒中
  • ■心臓病
  • ■高脂血症
  • ■高血圧
  • ■肥満症

なかなか気づきにくいものが多いので、自分では気づかずに、
このような症状になっている場合があります。

生活習慣病は、40歳代を境に、増え始めます。

「忍び寄る危険」

メタボリックシンドロームは、様々な病気を引き起こす原因となる動脈硬化と
密接な関係にあります。

動脈硬化は、生活習慣病によって引き起こされる可能性があります。

メタボリックシンドロームのように、複数の生活習慣病に、かかっている場合、その発症リスクは、 単体での生活習慣病よりも、何倍にも膨れ上がってしまいます。

そして、動脈硬化になると、どうなってしまうかといえば、日本人の三大死因である癌、脳卒中、心臓病、このうち、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、心筋梗塞などの心疾患になる危険性が高くなります。

「サイレントキラー」

生活習慣病は、サイレンとキラーといわれ、ほとんど自覚症状のないまま進行していきます。

血管が詰まってしまうと、脳では、脳梗塞、心臓では心筋梗塞、肝臓では尿毒症、などとよばれ、これらは高脂血しょうによって引き起こされやすくなります。

特に糖尿病は、症状が進むと、神経障害や、網膜症などの合併症までも引き起こしてしまうこともありましす。

MENU

NEWS

2008年より特定健康診断

通称「メタボ検診」が開始しました。

診断内容は全部で4項目あり腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値になります。

気になる人はこの機会にメタボリックシンドローム対策をしましょう。

INFORMATION