メタボリックシンドローム「情報」

「メタボリック人口」

近年、国身病とまで言われるようになったメタボリックシンドロームですが、
では実際にはどれくらいの人がメタボリックシンドロームなのか?

メタボリックシンドロームではないにしても、予備軍になっている可能性もあります。

そのほかに、メタボリックシンドロームで、ないにしろ、生活習慣病の代表である 高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満症、などに該当しているかもしれません。

「年齢別メタボリックシンドローム割合」

人口割合

↑この表からわかるように、男性では、40代から、女性では50代から急激に該当する人の割合が多くなっています。

特に、男性では50代から半数以上の人が、該当しています。

さらに、予備軍といわれる人を入れると、数千万人とまさに日本人の大半が
メタボリックシンドロームになっているか、その予備軍になっている可能性が
あるわけです。

「増加傾向にあるメタボ人口」

メタボリック症候群の人口は、現在でも増加傾向にあります。

なぜなら、生活習慣が根底にあるメタボリックシンドロームは、短期間で急激に、治るものではないため急激な減少になることはないからです。

それどころか、近年では若年層にもこの症状が広がっていて、10代、20代の若い年齢の人でもメタボリックシンドロームに なる人が増えています。

「生活習慣病」

また、メタボリック症候群でないにしろ、生活習慣病の代表である[高血圧]は約3,900万人、[高脂血症]は約2,200万人、[糖尿病]は約1,620万人、[肥満症]は約468万人と言われております。

MENU

NEWS

2008年より特定健康診断

通称「メタボ検診」が開始しました。

診断内容は全部で4項目あり腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値になります。

気になる人はこの機会にメタボリックシンドローム対策をしましょう。

INFORMATION