メタボ「対策・予防」

>「食事の改善」
「食事の量」
「食事の時間」
「味の濃さ」
「食事の種類」

食生活に原因があった場合、食習慣を改善していかなければなりません。

どのようなところに気をつけた食習慣を心がけていけばよいのでしょうか?

食事は、毎日摂るものなので、注意するべきポイントを把握することで、日々効果的な食生活にすることができます。


>「運動不足の改善」
「生活内運動」
「短時間集中」
「休日の活用」

運動不足ですが、解消するには、やはり体を動かすしかありません。

スポーツをできる状態にある人は、するに越したことはありません。

時間もなく、それが難しい人は、休日や毎日の生活の中で、からだを動かすことが重要になってきます。

やはり、歩くことが何よりだと思います1日一万歩を目指してみましょう。


>「嗜好品の改善」
「お酒の量」
「タバコの量」
「間食(おやつ)」

嗜好品は本来、生きていくうえで、必要なものではありません。しかし、「必要ないからやめましょう。」といったところで、「はい、そうですね」とやめれる人は、少ないでしょう。

嗜好品というのは、その人が、好んで楽しんでいるもので、無理やりということは、まずありません。

結局のところ、好きな楽しみを、我慢するしかないわけです。しかし、嗜好品は習慣性が強く、なかなか、やめれるものではありません。

量や、回数を調節していきましょう。


>「ワンポイント」
「ダイエットとの違い」
「気をつける食事」
「激しい運動はNG」

自分の状態、食事、運動と、自己管理に気をつけることになりますが、特に注意することを紹介します。

メタボリックシンドロームを解消する上でのちょっとしたポイントを紹介します。


>「体を変える」
「脂肪のつきにくい体」
「基礎代謝をあげる」
「血管を強くする」

メタボリックシンドロームの対策で、肥満の解消がありますが、運動をすることによって解消できます。 しかし、これだけでなく運動することは肥満の予防、肥満になりにくい身体づくりにもなるのです。

これだけでなく、食事対策での食物繊維の多い食事では、便秘の解消などの効果もあります。

メタボリック対策、予防にはそのほかにもさまざまな、効果があるので紹介します。

MENU

PICKUP

>「食事の改善」

>「運動不足の改善」

>「嗜好品の改善」

>「ワンポイント」

>「体を変える」

NEWS

2008年より特定健康診断

通称「メタボ検診」が開始しました。

診断内容は全部で4項目あり腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値になります。

気になる人はこの機会にメタボリックシンドローム対策をしましょう。

INFORMATION